【クリスマス】アメリカン航空、クリスマス休暇中の1万5000便余に操縦士が配置されず

アメリカン航空、年末の1万5000便が欠航危機 操縦士配置されず – Yahoo!ニュース –

アメリカン航空、年末の1万5000便が欠航危機 操縦士配置されず

アメリカン航空がクリスマス休暇中に運航するフライトの多くで、シフト作成上のミスにより操縦士が配置されていなかったことが分かった。

勤怠システム上の問題が原因で多くの操縦士が休暇を取得することが可能な状態だったため、

混雑が予想される12月17~31日の1万5000便余りで操縦士がいない状態になったという。

操縦士が配置されていない便に対して通常の時給の150%を支給し、予備の操縦士も充てると明らかにした。

クリスマス休暇中の欠航便を回避するため真摯(しんし)に問題の解決に取り組むと述べている。

(引用元:アメリカン航空、年末の1万5000便が欠航危機 操縦士配置されず

<ネットの反応>

さすがアメリカ、ミスもスケールもでかいな

羨ましい。人手不足なら時給割増。

羨ましいアメリカ版、是非味わいたい、この優遇措置

これ日本だったら「間違えて出る人いないから出て」で終わるよね。

パイロットにとってはいいクリスマスプレゼントになったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。