【賭けマージャン】福岡県・飯塚市長と副市長1月31日をもって辞任する意向を表明

賭けマージャン問題 福岡・飯塚市長と副市長、辞任の意向 – フジテレビ系(FNN)-


福岡・飯塚市の市長副市長が、11日午後に会見し、賭けマージャン問題の責任を取り、1月31日をもって辞任する意向を明らかにした。

  • 辞任の意向を固めたのは、飯塚市の斉藤守史市長と、田中秀哲副市長
  • 平日の昼間などに賭けマージャンを繰り返していたことがわかり謝罪していた
  • 4日の仕事始めには、市民らおよそ80人が、市長の辞任を求めて抗議していた
  • 8日の成人式を急きょ欠席していた

飯塚市の斉藤守史市長は、「これ以上、市政を停滞させるわけにはいかず、1日も早くこの事態を収拾したい

私が身をひくことが一番の方法であると考え、辞職届を提出した」と述べた。

(引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170111-00000677-fnn-soci

<ネットの反応>

結局こうなるのは大方の予想通り。立場と発言内容が悪かったね。

他にも問題起こしてたんじゃないかと思ってしまう。結局はこうなるでしょ。決断に時間かけすぎ!

進退を賭けマージャンで決めろよw 勝ったら続行 負けたら辞職。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください