福岡県飯塚市の「賭け麻雀」市長と副市長が開き直り会見⇒「賭け金は1日1万円ほど」「賭けなかったら麻雀をする人がどれだけいるのか」

市長と副市長が賭け麻雀 便宜も辞任も否定し開き直り – スポニチアネックス –

福岡県飯塚市の斉藤守史(もりちか)市長(68)と田中秀哲副市長(69)が平日の日中に市庁舎を離れ、市内で賭け麻雀を繰り返ししていたことが22日、分かった。

2人は事実関係を認め、22日の定例市議会で陳謝。

会見では、、、

  • 斉藤市長は10年前に就任した頃から始め、賭け金は1日1万円ほどだったと説明
  • 斉藤市長「出初め式などの行事が続き、午後から何もない日に副市長を“疲れたから休憩しよう”と誘った」
  • 田中副市長「ストレス解消のため、ゲーム感覚でやった」
  • 田中副市長「数年前から月に1、2回、平日に行っていた。今年1月下旬以降、業務時間内には一切行っていない」
  • 斉藤市長「賭けなかったら麻雀をする人がどれだけいるのか」と開き直り
  • 斉藤市長は市長辞任を否定

市長、副市長とも、地方公務員法に基づく「特別職」のため、勤務時間は定められておらず、プライベートで麻雀に興じるのは問題はない。

しかし、1日1万円程度とはいえ、金銭のやりとりは業者への便宜供与と疑われかねない行為。

市によると、、、

  • 市民らから「市のイメージが悪くなった」「辞任しないのか」などの抗議の電話が55件
  • 複数の抗議メールも。
  • 「電話対応に追われ、メールの返信が遅れています」とのこと

(引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000016-spnannex-soci

<ネットの反応>

これは辞めなきゃダメですね。市民の信用が一番だということくらい分からないのかな。

これで、辞めないって神経に驚かされる

公職にあたる人物が、賭け麻雀を肯定する発言をするとは……。

麻雀って、賭けてしかできないものだったんだ。

賭博ですね、警察の出番ですが

■関連記事

・福岡県飯塚市の市長と副市長が平日昼に役所を抜け出し「賭けマージャン」⇒市長「道義的責任はある」
http://satowataru.com/story/archives/1868

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください